七五三とは?七五三の由来を再確認!

*

七五三とは?

fumira_sitigosan_soft 七五三は、7歳、5歳、3歳の子供の成長を祝って神社やお寺に参拝をする日です。

昔、7歳までの子供はまだ死亡率が高かったため、神の子とされていました。7歳を過ぎると人として成長したとされ、神様に無事に成長したことを見せるための儀式でした。




七五三の由来

3歳 髪置きの義

girl3_2_soft
江戸時代まで、男女ともに髪の毛をそる習慣がありました。

3歳になってはじめて髪の毛をのばし始めました。長寿を祝って白髪に見立てた白い綿帽子を頭にのせていたそうです。


5歳 袴義の義

boy_5sai
男の子が男の子として認められ、初めて袴を着る儀式でした。

碁盤の上から四方に向かって、どんな場面でも立ち向かっていけるようにと祈願しました。


7歳 帯解きの儀

girl_7sai
女の子が初めて大人と同じ帯を結ぶ儀式です。それまでは帯のかわりに紐をつけていました。


もともとは、誕生日やお正月などに個々で行っていた儀式でしたが、明治時代頃から七五三として11月15日にお祝いするようになりました。

これは、江戸幕府の3代将軍徳川家光が、子の徳松(後の5代将軍徳川綱吉)のお祝いを、旧暦の鬼宿日という祝日に行ったことから、この日に広く行われるようになったとされています。


最近では、記念写真だけを撮ってお参りをしないということも増えているようです。


ただ、やはり子供の成長のお祝いと将来を願うのが七五三です。そういった気持ちを忘れずに七五三を迎えて欲しいと思います。



スポンサードリンク

七五三とは?関連ページ

2016年に七五三を迎えるのは何年生まれの子?
2016年、今年七五三を迎えるお子さんは何年生まれの子でしょうか? 満年齢でお祝いをするのか、数え年でお祝いを […]
2015年の七五三のお参りの日取りはいつがいい?
昔から11月15日は七五三の日でした。今でも、11月15日の前後で日の良い日に七五三を行うことが多いですね。 […]
2015年に七五三を迎えるのは何年生まれの子?
2015年、今年七五三を迎えるお子さんは何年生まれの子でしょうか? 満年齢でお祝いをするのか、数え年でお祝いを […]
2014年の七五三、お祝するのは何年生まれの子?
意外と「あれ?今年ってうちは七五三なの?」と考えてしまうことが多かったりします。 七五三は、数え年でお祝いする […]

トラックバックURL

http://shichigosan-omairijunbi.com/%e4%b8%83%e4%ba%94%e4%b8%89%e3%81%a8%e3%81%af%ef%bc%9f/trackback/


コメントを残す