七五三の初穂料(神社へ支払うお金)の相場っていくらくらい?

*

七五三の初穂料(神社へ支払うお金)の相場っていくらくらい?

buta_l神社でご祈祷をしていただくときに、神社に納めるお金のことを、初穂料といいます。

昔、神様にお供えしていた、その年の初めに収穫した稲や野菜といった農作物のことを初穂といいました。


その農作物の代わりに納めるのが金銭になり、今では神社でご祈祷を受ける際のお礼として納めるお金のことを初穂料というようになったそうです。


その初穂料の相場ですが、七五三の場合はだいたい5000円~10000円となっています。


わが家がお参りした神社では、あらかじめ七五三の初穂料が決まっており、5000円、7000円、10000円の3種類ありました。




初穂料で納める金額で何が違う?

参考までにわが家の場合ですが・・・。

ご祈祷が終わるとお札やお守りといったものをいただきます。わが家が行った神社では、ほかにお酒やお箸、葛餅が入っていました。また、七五三の子は首から金メダルをかけてもらえたりもします。


初穂料の金額によって何か違うのかな?と思ったら・・・お札の大きさが違いました。


10000円ですとかなり大きなもの(タテに30cmくらいはあったと思います)で、5000円くらいだと小さめでした。


もしかすると、ほかにいただくものが違っていたりということもあるかもしれません。


お宮参りのときの話ですが、長女のときに納めた金額と次女のときに納めた金額に差があったのですが、長女の時にはお食い初め用の食器が入っていたのに、次女の時には入っていなかったということもありました・・・笑。



初穂料が決まっていない神社ではどうする?

初穂料は気持ちで納めるものです。

気持ちであれば1000円くらいでもいいのかな?と思ってしまったりもしますが、やはりここは相場というものを参考にして、少なくても3000円~5000円程度は納めるようにしたいところですね。(5000円納めておくのが無難かも?)


1000円といったら、どっちかっていうとお賽銭でも入れるような金額です。ご祈祷をしていただいて、お札やお守りを持ち帰るとなると、1000円ではちょっと非常識な額になってしまうかもしれませんね。


ちなみに、ご祈祷などされずにお参りだけされるのは、それはそれで大丈夫なようです。



スポンサードリンク

七五三の初穂料(神社へ支払うお金)の相場っていくらくらい?関連ページ

七五三の内祝いはどうすればいい?
七五三では、両親や親しくしている親戚からお祝をいただくことがあります。 お祝をいただくと、さてお返しはどうした […]
七五三のご祝儀(お祝い金)の相場はいくら?
七五三のご祝儀、七五三を迎える子にあげるお祝い金のことについて参考までに。 まず、ご祝儀を渡す範囲ですが、七五 […]
七五三での初穂料(神社へ払うお金)の納め方
神社へ納める初穂料ってのし袋に入れるって知っていましたか?私は知らずにお財布から直接お金を納めてしまいました。 […]

トラックバックURL

http://shichigosan-omairijunbi.com/%e4%b8%83%e4%ba%94%e4%b8%89%e3%81%ae%e5%88%9d%e7%a9%82%e6%96%99%e3%81%ae%e7%9b%b8%e5%a0%b4/trackback/


コメントを残す