七五三での初穂料(神社へ払うお金)の納め方

*

七五三での初穂料(神社へ払うお金)の納め方

神社へ納める初穂料ってのし袋に入れるって知っていましたか?私は知らずにお財布から直接お金を納めてしまいました。今振り返ると、そんな私はちょっと恥ずかしい人かもしれません。

初穂料の納め方は、その人の心がけの部分のことではありますが、知っていると知らないとでは全然違うと思いますので、まとめてみました。


これで、私も次回の七五三は恥ずかしい思いをしないで済みそうです!

七五三の初穂料を納める、のし袋の選び方

神社に初穂料を納めるのに、お財布から直接出せばいいものだと思っていませんか?見ていると、案外そういう方って多いです。私も含め・・・笑。

実は、神社に納める初穂料は、のし袋に入れて納めるのがマナー。


あくまでもその人の心使いになる部分ではありますが、あらかじめ初穂料を納めることはわかっているので、のし袋を用意してそこにお金を入れて納めましょう。



そのときに使うものは、結婚式などで準備するような豪華なのし袋でなくて構いません。

コンビニなどでも売っているような、封筒にプリントされているようなものでいいのです。


もっといえば、きちんとした表書きをすれば、のし袋にこだわることなく、普通の白い封筒でもいいようです。



のし袋の表書きの書き方

七五三でののし袋の表書き、普段は書かないものなのでどうやってか書けばいいのか悩みますね。

noshi のし袋(または白い封筒)の中央上に、御初穂料、初穂料、または玉串料と書きます。

その下に、子どもの名前をフルネームで記入します。親の名前ではありませんので注意してください。名前の脇に、子どもの年齢を書いてもいいです。


中袋には、金額を書いておきましょう。

兄弟2人の初穂料はどうやって納めればいい?

中には、兄弟や姉妹で一緒に七五三をされる方もいますよね。

そのような場合、1人に対して1包みの初穂料を準備します。ただし、2人で1包みでも構わないようです。その場合の表書きは、子どもの名前を連名で書くことになります。


金額は、初穂料が決まっているところは2人分の金額を、決まっていないところでは相場の2人分を包みましょう。

のし袋に入れるお金は、新札(新券)?

のし袋に入れるお金も、たいていは事前に金額を確認することができるので、新券で準備しておくほうがマナーです。

もし、新券を準備することができないのであれば、なるべくきれいなお札を準備するとか、ちょっとアイロンを当てるなどとするような心づかいをするほうがいいと思います。

初穂料を渡すタイミングは?

神社に行くと、お守りを売っていたり、ご祈祷の受付をしている社務所(神社の事務所のような場所)があります。

七五三のご祈祷もたいていそちらで受付をしていると思います。受付では、名前や住所、年齢などを記入してご祈祷の申し込みを行いますので、そのときに初穂料を添えて納めることになるのが一般的だと思います。


スポンサードリンク

七五三での初穂料(神社へ払うお金)の納め方関連ページ

七五三の内祝いはどうすればいい?
七五三では、両親や親しくしている親戚からお祝をいただくことがあります。 お祝をいただくと、さてお返しはどうした […]
七五三のご祝儀(お祝い金)の相場はいくら?
七五三のご祝儀、七五三を迎える子にあげるお祝い金のことについて参考までに。 まず、ご祝儀を渡す範囲ですが、七五 […]
七五三の初穂料(神社へ支払うお金)の相場っていくらくらい?
神社でご祈祷をしていただくときに、神社に納めるお金のことを、初穂料といいます。 昔、神様にお供えしていた、その […]

トラックバックURL

http://shichigosan-omairijunbi.com/%e5%88%9d%e7%a9%82%e6%96%99%e3%81%ae%e7%b4%8d%e3%82%81%e6%96%b9/trackback/


コメントを残す